INDEX 2 (基本的にこの記事が一番上に表示されます)

このブログは、おのにしこぐさの小説ブログです。おもにBL作品を扱っています。
作品Indexです。INDEXは二つあります。こちらは比較的新しい連載です。

◆バカ、おまえとキスしてどうするんだよ。
俺こと工藤真広と高木悟郎は大学四年間ずっと一緒にいたくされ縁の仲だった。卒業してから五年、都会のど真ん中で再会した悟郎は昔と変わらなくて、だけどやっぱり違うようでもあって。昔と同じように会うようになりながら、俺はわからなくなる。俺は悟郎とどうしたいのだろう…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54)
おまけ編◆なあ、俺、おまえとしたいんだけど。
(1) (2) (3) (4)* (5)*
おまけ編◆どうしようもなく離れがたく悲しいこと
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15)
おまけ編◆クドーくんにぼくがかなうわけがない。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)
おまけ編◆クドーくんはぼくとセックスがしたいらしい。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
おまけ編◆欲しがらない恋人と
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
おまけ編◆欲しがる恋人と
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18)

◆三年目の。
俺こと大神勇次は会社の先輩の黒峰洸さんと付き合っている。…付き合っているはずだ。全然デートしてないし、メールの返事もなかなかこないけど! この付き合いはもう三年目になる。世間では三年目の浮気なんて言葉があるらしいけれど…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (あとがき)

◆水になる。
久坂七生といると、水が合う、という言葉を辰巳大輔は思い出す。共通の友人を介して知り合った久坂とは趣味が合い、一緒にいると心地良かった。やりがいのある仕事、居心地の良い友人と趣味があれば人生は順調で、恋愛なんて面倒なことは必要ない。そんなふうに思ってきた辰巳だったが…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (あとがき)

◆原田という男
新名学は入学したばかりの大学の片隅で奇妙な男原田怜に出会う。原田は初対面の新名にご飯をたかり、お礼と称して合コンに誘い、その帰りに新名の部屋に泊まって、そのまま部屋に居着いてしまう。強引な原田に流されるように新名は同居生活に慣れていくが……。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55) (56) (57) (58) (59) (60) (61) (62) (63) (64) (65) (66) (67) (68) (69) (70) (71) (72) (73) (74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (あとがき)

◆ラーメンと嘘と
オタクで地味ポジションを確立し個人主義を貫く田村公章と、クラスの中心で多くの友人に囲まれて笑い、光のあたる場所にいる青木耀史。話題も趣味も生活スタイルもなにもかもが違うはずなのに、いつのまにか一緒に飯を食う関係になって……。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55) (56) (57) (58) (あとがき)

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

●感想よければこちらでも> smallfieldsmallgrass◆hotmail.co.jp ◆を変更してお送りください。

ちょっと合間にときどき更新中…か?

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

INDEX 1 (こちらは比較古い連載のINDEXです)

作品INDEXが長くなって重くなってしまったので、2つに分けました。
こちらは古い連載。ずるずる長くなっちゃうパソコン表示のために、閉じておきます。
使いづらかったら、またす表示のしかた考えます。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
おのにしこぐさ著作
●既刊
「臆病な背中」新書館 ディアプラス文庫(2006/2/8)
「このままではいられない」アスキー・メディアワークス B-PRINCE文庫(2012/11/7)

→続きを読む

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

バニラアイスと本当と (あとがき)


このたびは「バニラアイスと本当と」をお読みいただき、ありがとうござます。
前作「ラーメンと嘘と」の続編、青木編でございました。

当初は、青木最低!話を書こうと思っていたのですが、書いているうちに、だんだんと青木が可哀そうになってきて、なんか釈然としていない作者です。←え?ww
いや、青木ってちょっとストーカーなんだと思うんですよね。愛が重いというか。罠とか策略とかしすぎというか。もちろんそんな重さを表に出して尾を掴まれるような真似はしないんだろうけども。いつかなにかやらかしそうなので(?)、そんな話も書けたらいいな~。

そんなわけで、次回は、本当はゴローちゃんSSの予定だったのですが、たぶん田村青木ペアのSSになりそうです。直後編か、一年後くらい編か。まだ全然書けていないので、一ヶ月以上あいだがひらいてしまうかも。なにとぞあらかじめご容赦ください。


参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
最近「ゴールデンカムイ」を読んでいます。ジビエはいいよね。食べたことないけど。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

バニラアイスと本当と (59)


「………………」
 なんで食べさせられなくちゃいけないんだ、と田村は思ったのだろうが、青木は気づかないふりで、にっこりとほほ笑んだ。
 やがて、田村が小さく息を吐いて、素直に口を開いてスプーンに食いついた。他人に差し出されたものに、あーんと口を開く様に、うっかり青木は興奮しかけたが、それにも素知らぬ顔をする。一口、バニラアイスを食べた田村が目を瞬かせた。
「あ、うまい」
「そう? 良かった」
「これ、生協にあるやつじゃないだろ」
「うん。田村が好きそうなやつ、探したの。団地のほうにあるスーパーで見つけたんだけど、おいしい?」
 おいしいは正義だ。ついさっきまで恥じらい、もじもじしていた田村が目を輝かせて、青木を見返していた。それで、青木は嬉しくなる。好きな人のためにやったことが、素直に喜ばれるのは嬉しい。二口目もスプーンで差し出すと、迷わず田村がぱくついた。
「ん。味濃くて、うまい」
 おいしいは最強だ。いつもはあんなにむっと閉じられている唇が、いとも簡単に開かれる。唇を解くためのキスよりもずっと素直なんじゃないかと思うと、少し複雑な気持ちになった。その気持ちが表にこぼれたのか、ふと田村が顔をあげた。
「なんだよ」
「いや、〝うまい〟には勝てないなって思って」
「は?」
 訝しげに眉をひそめた田村に、青木はさらにもうひと匙食べさせてあげた。田村が差し出されたバニラアイスを味わう。
 それから少し考えるような間があって、うつむいて。
「俺は、おまえと同じもん食って、一緒にうまいって思える瞬間が、…………好きだよ」
 最後のひと言は掠れるほど小さかったが、きちんと青木の耳にも聞こえた。
 ──うわ、くっそ可愛いなあ!
 青木にとって最強なのは〝おいしい〟じゃなくて、田村の可愛さのようだ。飽きずにアイスを差し出しながら、青木はさりげなく壁際で小さくなっている田村に身体を寄せた。
「なあ、田村。とりあえず、今日、〝炒王〟行くよな?」
「…………うん、行く」
「楽しみだよな」
「ん? ああ」
 青木がなにを考えているかも知らずに、田村はアイスを頬張っている。そんな冷たく甘くなった唇を奪うように、青木は素早くちゅっとキスをした。
「ちょっ、な、んだよ!」
「なにって、約束のキス。忘れたりしないでね?」
「しない、しないから! おまえちょっと離れろ。つーかいい加減、服着ろよ」
「ええー。もう? 一緒にシャワー浴びない?」
「浴びない!」
 変わらず頑なな田村の返事に青木は遠慮なく笑った。
「じゃあ、先、浴びてきていいよ。タオル用意しておくから」
 きっと、今はまだハッピーエンドじゃない。なにもかも、めでたしめでたし、というわけじゃない。それでも今日が幸せで、明日もそれが続くことを祈って、たまに苦しくなっても、その幸せを取り戻すために努力すればそれでいいと思う。
 だから、まずは、こんな可愛い田村をどうやったら今夜も部屋に泊まっていくように仕向けることができるだろうか、ということで。
 田村がシャワーを浴びている間に青木は、さあ田村はどんな〝忘れもの〟をしたことにしようかな、とベッドの下に散らばる彼の荷物に手を伸ばした。



参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
というわけで青木編終了。明日はあとがきアップします。


テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

バニラアイスと本当と (58)


 かなり執拗なセックスだった自覚はあった。
 明日も朝から授業があるというのに、夜遅くまで寝かせなかった。一回だけで満足するつもりだったのに、喉が渇いたという田村にペットボトルの水を差し出したら、さきほどまでだらしなく開いてアンアン唇があまりにも煽情的に水を含み、濡れて、その様についまた欲情して押し倒してしまっていた。一回目は体勢の楽な後ろから挿入したけれど、やっぱり正面から抱き合いたくて、二回目は正常位で抱き合う。
 足を大きく開いて青木を受け入れ、何度か突いているうちに、泣きながら手を伸ばしてくる田村の可愛さに青木はいっそう興奮した。愛おしくて、窮屈な体勢になると分かっていたけれど身体を倒し、濃厚なキスをしながら腰を振った。
 お互い何度達したかわからないくらい一晩中抱き合って、疲れはてて眠りに落ちたのが真夜中。裸のまま手足を絡め合って、その朝は田村のほうが先に目を覚ました。抱き枕のように青木に抱えられている状況に気づいて、戸惑い、恥じらい、逃げ出したいかのように身動きして、青木も目を覚ました。
「……何時?」
「…………七時、半」
「おはよ。もう起きる? 一時間目あるんだっけ?」
「……二時間目からだけど、俺、一回帰って、着替えたい」
 腕の中で田村は顔をうつむけて、向き合っていながらも顔を見せてくれない。昨夜、あんなに恥ずかしいこといっぱいしたんだから、今さら恥ずかしがることなんてないだろうに、とは思うが、そうしている田村が可愛いので、黙っておく。
 本当をいえば、二人で迎えた朝を青木はもっといろいろと堪能したかったのだが、それも諦めることにした。
「でも、まだ少し余裕あるだろ? 朝、一緒しようよ。パンとコーヒーと、卵焼くよ」
「………………飯、食える気、しない」
 掠れた声が呟くように言う。さすがに青木は慌てて顔をあげた。
「えっ、なに。具合、悪い? 無理しすぎた?」
「そ、ういうんじゃないけど……なんか、もの食う気にならない」
 気持ち的に、ということだろうか。それがいい意味を持つのか、そうではないのか、わからなかったが、青木はさっと身体を起こした。
「アイス買ってあるんだ。そのぐらいなら食べられるだろ」
 青木は田村のために買っておいたバニラアイスとペットボトルの水を取って、ベッドに戻った。そうしている間に田村も身体を起こしていたが、素っ裸が嫌なのか、毛布に肩からかぶって壁側のベッドの端に身体を寄せている。そのそばに青木は裸のまま座り、ペットボトルは栓を開けてから手渡し、アイスクリームはスプーンで一口すくって差し出した。




参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
今週末はいよいよ「ローガン」ですね! 木曜初日の夜に見に行っちゃおうかな~。


テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おのにしこぐさ

Author:おのにしこぐさ
BL作家と名乗るにはおこがましいおのにしこぐさです。作品を世に出せるようがんばります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR