INDEX 2 (基本的にこの記事が一番上に表示されます)

このブログは、おのにしこぐさの小説ブログです。おもにBL作品を扱っています。
作品Indexです。INDEXは二つあります。こちらは比較的新しい連載です。

◆バカ、おまえとキスしてどうするんだよ。
俺こと工藤真広と高木悟郎は大学四年間ずっと一緒にいたくされ縁の仲だった。卒業してから五年、都会のど真ん中で再会した悟郎は昔と変わらなくて、だけどやっぱり違うようでもあって。昔と同じように会うようになりながら、俺はわからなくなる。俺は悟郎とどうしたいのだろう…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54)
おまけ編◆なあ、俺、おまえとしたいんだけど。
(1) (2) (3) (4)* (5)*
おまけ編◆どうしようもなく離れがたく悲しいこと
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15)
おまけ編◆クドーくんにぼくがかなうわけがない。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)
おまけ編◆クドーくんはぼくとセックスがしたいらしい。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
おまけ編◆欲しがらない恋人と
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
おまけ編◆欲しがる恋人と
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18)

◆三年目の。
俺こと大神勇次は会社の先輩の黒峰洸さんと付き合っている。…付き合っているはずだ。全然デートしてないし、メールの返事もなかなかこないけど! この付き合いはもう三年目になる。世間では三年目の浮気なんて言葉があるらしいけれど…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (あとがき)

◆水になる。
久坂七生といると、水が合う、という言葉を辰巳大輔は思い出す。共通の友人を介して知り合った久坂とは趣味が合い、一緒にいると心地良かった。やりがいのある仕事、居心地の良い友人と趣味があれば人生は順調で、恋愛なんて面倒なことは必要ない。そんなふうに思ってきた辰巳だったが…。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (あとがき)

◆原田という男
新名学は入学したばかりの大学の片隅で奇妙な男原田怜に出会う。原田は初対面の新名にご飯をたかり、お礼と称して合コンに誘い、その帰りに新名の部屋に泊まって、そのまま部屋に居着いてしまう。強引な原田に流されるように新名は同居生活に慣れていくが……。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55) (56) (57) (58) (59) (60) (61) (62) (63) (64) (65) (66) (67) (68) (69) (70) (71) (72) (73) (74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (あとがき)

◆ラーメンと嘘と
オタクで地味ポジションを確立し個人主義を貫く田村公章と、クラスの中心で多くの友人に囲まれて笑い、光のあたる場所にいる青木耀史。話題も趣味も生活スタイルもなにもかもが違うはずなのに、いつのまにか一緒に飯を食う関係になって……。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34) (35) (36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47) (48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55) (56) (57) (58) (あとがき)

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

●感想よければこちらでも> smallfieldsmallgrass◆hotmail.co.jp ◆を変更してお送りください。

ちょっと合間にときどき更新中…か?

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

INDEX 1 (こちらは比較古い連載のINDEXです)

作品INDEXが長くなって重くなってしまったので、2つに分けました。
こちらは古い連載。ずるずる長くなっちゃうパソコン表示のために、閉じておきます。
使いづらかったら、またす表示のしかた考えます。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
おのにしこぐさ著作
●既刊
「臆病な背中」新書館 ディアプラス文庫(2006/2/8)
「このままではいられない」アスキー・メディアワークス B-PRINCE文庫(2012/11/7)

→続きを読む

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

更新してない報告


ご無沙汰しております。すっかり暑くなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

次は1ヵ月後とかほざいていましたが、ぜんぜん守れていませんね…。申し訳ございません。広告が出ていることにも気づいていましたが、ちょっと放置しておりました。

実は、このところ別作品(BLではない)の執筆にかかりきりで、続きが書けておりません…。頭の切り替えがうまくなくて、ひとつのことを考えていると、他の作品の執筆ができないたちでございます。特にいま別作品のほうも煮詰まっていて、そこが解消されれば、少し頭を青木田村君たちに向けられると思うのですが。

続きはもうしばらくお待ちください。夏は…過ぎるかもしれません。ご容赦ください。

この1ヵ月半のあいだはほとんど引きこもっていました。映画は「メアリと魔女の花」「ライフ」ぐらいしか見ていません。どっちも、まあまあ。「ライフ」は、ライフってタイトルつけるぐらいだから、もっと生命とは何ぞやの哲学的なところを盛り込んでくれたらよかったのに、ただのエイリアンものだったのが残念でした。いや、エイリアンものとしては面白かったけど。

他の近況としましては、先日突然LINKIN PARKのChesterが遠くへいってしまって、なぜこんなふうに喪失感が大きいのか考えています。アラン・リックマンが亡くなったのもショックだったけれど、それとは比ではない悲しみがずっと胸にあって、途方に暮れている感じです。
これが音楽の力なのかな。20代から30代にかけて延々と聞き続けたアーティストの声は予想以上に自分の中に染み込んでいて、それが失われてしまった衝撃がずっと身体の中で響いているのかもしれない。

ちなみに私は昔から音楽といえば基本的にサントラぐらいしか聞かなくて、ポップスやロックは普段ほぼ聞きません。その中にあって、中学高校時代のUNICORNと20代から30代にかけてのLINKIN PARKだけは特別でした。たぶんもう同じくらいハマるアーティストはいないんじゃないかな。しばらくこの悲しみとともに暮らしていきます。

あ、執筆も頑張ります。
みなさんも暑い日々が続きますが、体調管理には気をつけて、良い夏をお過ごしください。


あと、ブログ拍手お返事です。おっそい!

MNさま
青木&田村シリーズをお読みいただきありがとうございました!
いやいや途中あそこはドン引きするところなので当然です。青木、健気だからといって許されると思うなよ…?
しかし、坂口健太郎は…顔が思い浮かびません…。すいません調べておきます…。

たぶん次回も青木、健気だが強引に頑張る編ですよ! ←え?(笑)
もう少し時間がかかると思いますが、気長にお待ちください。引き続きよろしくお願いいたします。


参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

バニラアイスと本当と (あとがき)


このたびは「バニラアイスと本当と」をお読みいただき、ありがとうござます。
前作「ラーメンと嘘と」の続編、青木編でございました。

当初は、青木最低!話を書こうと思っていたのですが、書いているうちに、だんだんと青木が可哀そうになってきて、なんか釈然としていない作者です。←え?ww
いや、青木ってちょっとストーカーなんだと思うんですよね。愛が重いというか。罠とか策略とかしすぎというか。もちろんそんな重さを表に出して尾を掴まれるような真似はしないんだろうけども。いつかなにかやらかしそうなので(?)、そんな話も書けたらいいな~。

そんなわけで、次回は、本当はゴローちゃんSSの予定だったのですが、たぶん田村青木ペアのSSになりそうです。直後編か、一年後くらい編か。まだ全然書けていないので、一ヶ月以上あいだがひらいてしまうかも。なにとぞあらかじめご容赦ください。


参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
最近「ゴールデンカムイ」を読んでいます。ジビエはいいよね。食べたことないけど。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

バニラアイスと本当と (59)


「………………」
 なんで食べさせられなくちゃいけないんだ、と田村は思ったのだろうが、青木は気づかないふりで、にっこりとほほ笑んだ。
 やがて、田村が小さく息を吐いて、素直に口を開いてスプーンに食いついた。他人に差し出されたものに、あーんと口を開く様に、うっかり青木は興奮しかけたが、それにも素知らぬ顔をする。一口、バニラアイスを食べた田村が目を瞬かせた。
「あ、うまい」
「そう? 良かった」
「これ、生協にあるやつじゃないだろ」
「うん。田村が好きそうなやつ、探したの。団地のほうにあるスーパーで見つけたんだけど、おいしい?」
 おいしいは正義だ。ついさっきまで恥じらい、もじもじしていた田村が目を輝かせて、青木を見返していた。それで、青木は嬉しくなる。好きな人のためにやったことが、素直に喜ばれるのは嬉しい。二口目もスプーンで差し出すと、迷わず田村がぱくついた。
「ん。味濃くて、うまい」
 おいしいは最強だ。いつもはあんなにむっと閉じられている唇が、いとも簡単に開かれる。唇を解くためのキスよりもずっと素直なんじゃないかと思うと、少し複雑な気持ちになった。その気持ちが表にこぼれたのか、ふと田村が顔をあげた。
「なんだよ」
「いや、〝うまい〟には勝てないなって思って」
「は?」
 訝しげに眉をひそめた田村に、青木はさらにもうひと匙食べさせてあげた。田村が差し出されたバニラアイスを味わう。
 それから少し考えるような間があって、うつむいて。
「俺は、おまえと同じもん食って、一緒にうまいって思える瞬間が、…………好きだよ」
 最後のひと言は掠れるほど小さかったが、きちんと青木の耳にも聞こえた。
 ──うわ、くっそ可愛いなあ!
 青木にとって最強なのは〝おいしい〟じゃなくて、田村の可愛さのようだ。飽きずにアイスを差し出しながら、青木はさりげなく壁際で小さくなっている田村に身体を寄せた。
「なあ、田村。とりあえず、今日、〝炒王〟行くよな?」
「…………うん、行く」
「楽しみだよな」
「ん? ああ」
 青木がなにを考えているかも知らずに、田村はアイスを頬張っている。そんな冷たく甘くなった唇を奪うように、青木は素早くちゅっとキスをした。
「ちょっ、な、んだよ!」
「なにって、約束のキス。忘れたりしないでね?」
「しない、しないから! おまえちょっと離れろ。つーかいい加減、服着ろよ」
「ええー。もう? 一緒にシャワー浴びない?」
「浴びない!」
 変わらず頑なな田村の返事に青木は遠慮なく笑った。
「じゃあ、先、浴びてきていいよ。タオル用意しておくから」
 きっと、今はまだハッピーエンドじゃない。なにもかも、めでたしめでたし、というわけじゃない。それでも今日が幸せで、明日もそれが続くことを祈って、たまに苦しくなっても、その幸せを取り戻すために努力すればそれでいいと思う。
 だから、まずは、こんな可愛い田村をどうやったら今夜も部屋に泊まっていくように仕向けることができるだろうか、ということで。
 田村がシャワーを浴びている間に青木は、さあ田村はどんな〝忘れもの〟をしたことにしようかな、とベッドの下に散らばる彼の荷物に手を伸ばした。



参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
というわけで青木編終了。明日はあとがきアップします。


テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おのにしこぐさ

Author:おのにしこぐさ
BL作家と名乗るにはおこがましいおのにしこぐさです。作品を世に出せるようがんばります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR